博多間税会

博多間税会は税知識の普及・提案を行い、健全な暮らしを支えます。

博多間税会は税知識の普及・提案を行い、健全な暮らしを支えます。

博多間税会について

会長あいさつ

私ども、博多間税会のホームページをご訪問いただきありがとうございます。

博多間税会は、平成元年4月1日から始まりました消費税制度とともに誕生した会です。それまでは、車など特定のものの購入のみに課されていた物品税がありましたが、廃止され、買い物をする際に一律に課される消費税が誕生しました。

現在までで、約三十余年になるわけですが、その間、3%から5%、5%から8%、8%から10%と増税されてきました。現在消費税は、国の歳入の基幹税となっております。

私たち間税会は、「生かすみんなの消費税」のかけ声のもと、日本の社会保障基盤整備に使われる消費税の理解を深めるとともに、消費税の期限内完納運動の推進、消費税の啓発活動のさらなる拡充とともに、会員拡大による組織強化を進めております。

そして、次世代の子供たちに負の財産を残さないためにも、行財政改革を提言し、推進していく必要があると思います。多くの皆様に、ご支援、ご協力賜りたいと思っております。

皆様のご入会をお待ち致します。ともに活動していきましょう。ありがとうございました。

博多間税会 会長 河野武司 (河野産業株式会社 代表取締役)